顔のたるみを取るマッサージの方法とは

顔にたるみがあると見た目年齢が上がって見えるので、なんとかしたいですよね。エステや美容クリニックに行くという方法もありますが、今回は自分でできるたるみ解消マッサージの方法を紹介します。まず顔のたるみマッサージをする前に、保湿クリームやオイルを使って、顔の摩擦を減らすようにしてください。摩擦が起きるとたるみの原因になりますので、必ずクリームなどを使用するようにしてください。マッサージクリームというものもありますので、そういうものを使ってもいいでしょう。まずは鎖骨の周りを押していきます。鎖骨の周りにはリンパ節があり、ここをマッサージすることで血液の流れをスムーズにしたり、老廃物を排出することができます。次は目の周りを押していきます。目の下やこめかみ、眉の上あたりを押します。目の周りはデリケートですので、力を入れすぎないように気をつけてください。それから頬骨の内から外側に向かって押していきます。同じように口角や小鼻の横からも老廃物を流していきます。あごもフェイスラインに沿って老廃物を流します。親指をあごの先に当てて、すべらせるようにしていきます。最後に首や鎖骨の周りのリンパをもう一度押して、終了です。老廃物はすぐに蓄積していきますので、マッサージはできるだけ毎日行うようにしてください。また、爪が当たってしまうと肌を傷つける恐れがありますので、指の腹を使って押すようにしてください。たるみ対策は、ちょっとした習慣を身につけることでできますので、ぜひ取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です