睡眠と美容は関係があります

寝る時間が不規則になると体調が優れなかったり、1日中やる気がでないということもあります。

これは体の修復が充分ではないと言えます。

睡眠している間に体はダメージを修復しており、肌も日中に負ったダメージなどを修復しているのです。

睡眠中の修復は血液を通して行なわれています。日中活動している間には血液は脳に集中しており、肌に栄養は殆どいかない状態です。

肌に栄養が行き渡るのは寝ている間で、肌や内臓の修復には約6時間は必要になるのです。

そのため睡眠が6時間に満たない場合、肌や美容に影響が出てくるのです。美容に良い時間帯に寝ることも必要です。夜10時から翌2時は美容にとって大切な時間で、この時間帯に成長ホルモンが分泌され肌が最も活発に代謝する時間帯です。

この時間帯に良質な睡眠をとることが美肌になる方法のひとつです。ただし、現代は忙しい人も多くこの時間帯に寝ていることは困難な場合が殆どなので、深夜0時から0時半を目安に寝るようにすると良いです。また寝る時間を一定に保つことも美肌や美容には重要なポイントです。遅くても夜0時半くらに毎日寝るように心がけます。

美容のためにも良い良質な睡眠をとるには、喉が渇いたらコーヒーや紅茶ではなく、ノンカフェインのハーブティーを飲んだり、寝る前にストレッチやヨガなど軽い運動をすることで良く眠れるようになります。また就寝1時間前から照明を暗めにすることも眠気を催す方法です。このように睡眠と美容は深く関係しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です